Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
神戸ぐるめ ういちゃ♪で御免! コムシノワ ジ オーシャン
サイト移転後、初のグルメリポート。
京都ぐるめ ういちゃ♪の新たなる旅立ちですっ!
これからもビシバシ行きますぉ。☆○( ゜ο゜)o

移転後初の記事は、とびっきりのお店をリポートしよう!と
以前から考えておりました。

とびっきりのお店。
それは、ういちゃ♪が、
「うー まー いー ぞぉぉぉーー!!!」と
ミスター味っ子の味皇サマよろしく、口からビームを発してしまうような、
めっちゃおいしいお店www

そのお店は、Comme-Chinois The Ocean(コムシノワ ジ オーシャン)
少なくとも、ういちゃ♪が今年食べ歩いた中で、
最高のひとときを過ごせたお店なのですよ。
クリスマスシーズンだし、ボーナス入ったし、フンパツしてきました^^


ぐるなびより転載

京都でなくって、神戸にあるんですよ。
だから、今回は「神戸ぐるめ ういちゃ♪」なのですw
神戸海洋博物館の2階にあります。
博物館の裏の方から2階に上がります。

「あの名店」と「あの」が付くほどのお店です。
日本トップクラスのフレンチシェフ荘司索(そうじさく)さんの料理を
海を眺めながら楽しめます。
オーナーシェフ荘司さんは、神戸でレストランを始めて20余年。
神戸各地にコムシノワを展開しておられて、
昨年、長年の夢の集大成ともいえるレストランとして、
メリケンパークにこのコムシノワ ジ オーシャンを移転オープンされました。

ちなみに、Comme-Chinois(コムシノワ)とは、
フランス語で「中国のように」という意味。
20年前開業当初はまだフランス料理が高級料理という印象が強く、
神戸の開放的な土地柄にちなんで
「中華料理を召し上るみたいにワイワイ楽しく、くつろいでどうぞ」という
思いでつけられたのだとか。

ブルーとホワイトを基調とした店内からは、
客船や帆船が行き交う神戸港が見渡せて
ランチタイムには開放感にあふれ快活で、
ディナータイムにはムードいっぱい、親しい人との距離をもっと縮めてくれそう。

もう今年は予約いっぱいだろうけど、こーいったお店は、
クリスマスにこそ行くべきですわよ、奥様   ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)ひそひそ
ハーバーランドモザイクで遊んで、神戸ルミナリエを見て、
コムシノワでしっぽりディナー。
意中のひと、イチコロ☆!のデートコースw


ブルーとホワイトが印象的なインテリア
奥で青いライトを放っているのは、メリケンパークオリエンタルホテル
美しい夜景を見ながらのディナーが最高


ガラスのボトルが並べられています ウチもマネしようかな


「乾杯」、恋人とワイングラスを傾けるひととき


さてさて、料理の中身は、続きで紹介しますよ!!
瀬戸内海の魚貝や近郊の新鮮な野菜、神戸牛など
素材にもこだわりを持っておられるそう。

料理が出てくるのは、ややゆっくりめ。
お店が盛況で忙しいのもあるのでしょうが、
スローフードでゆっくりと楽しんでほしいとのお考えもあるのかな?
ともかく、おしゃべりを楽しんでいたせいもあって、滞在時間は2時間40分ほど。
いや、これはあっちゅーま(あっと言う間)なのですよ。あっちゅーまw


いざ、料理全品紹介!! (-_☆)キラーン!

 
じゃがいもパンと海藻パン 

ブランジェリーコムシノワなどベーカリーショップも
出店しているだけあって、もちろん美味。


フグのカルパッチョ
皿一面に並べられた薄ピンクのフグがなんとも愛らしい


ホタテ貝のサバイヨングラタン
サバイヨンとは卵黄と砂糖を温めながら泡立て、
白ワイン、シャンパンなどでゆるくした滑らかなクリーム。


フグのブイヤベーススープ
季節らしく旨みがたっぷり詰まったブイヤベース、味が濃縮されています。


タラバガニのクレープ
クレープにナイフを入れるとカニさんがコンバンワーw
赤いパウダーはスパイス。少し付けて食べてみて。


牛フィレ肉のステーキ グリーンペッパーソース
ポテトのガレット しいたけの詰め物焼添え
柔らかいお肉。ピリリときいたペッパー。口に運んだとたんジュワっと広がる幸福感。

デザートは4〜5つの中からひとつをチョイス。
お茶はホットミルクティ(アッサム)を注文。


洋ナシの赤ワインコンポートとプラム
ヒタヒタに赤ワインがしみこんだ洋ナシとプラム
果汁とワインが舌をギュっと引き締めます


静岡メロンのはちみつシャンパンシャーベット
口のなかで、スーっと広がる爽快感はシャンパンのしわざ。
(これは、ういちゃ♪の友達の分)


ワインやシャンパンがかかったデザートってテレビで見たことあるけど、
実際食べてみるのは初めての体験。
もうねぇ。スゴ過ぎて笑っちゃいました。
笑うしかないってカンジで、ネジが飛んでしまいましたw ヘ(゚◇、゚)ノ~ ウケケケ…
デザートでトドメを刺されちゃったのです。もうトリコ。ういちゃ♪まっしぐら!w

気になるお値段について。
9,000円のBコース、赤ワイン(グラス)1,200円*2杯
さらにサービス10%・税5%を加算して、13,165円也!
これを高いと感じるか感じないか、
それは一度、お店で食事されてからご判断ください^^

お会計を済ませてレジの近くにアルバムがあったので、見てみると、
コムシノワ ジ オーシャンでの結婚式2次会の様子の写真でした。
開放的なオープエンエアの席、飾られた花がきれいで、
新郎新婦がとっても幸せそうに写ってました。
こんなところで結婚式2次会するのっていいなぁ!
呼ばれる友人もきっと楽しい時間を過ごせるハズ。

六甲山麓の静かな森の中にあるログハウス「オーベルジュド・コムシノワ
ROKKO」の様子の写真もありましたよ。

心もおなかも、めいっぱい満たされたディナーでした。
厨房で情熱を込めて料理しておられる荘司シェフ、
料理をserveしてくださるマダムやスタッフさん、
誰にもひとなつっこい犬のジャスミンちゃん。。。
いいなぁ、コムシノワ ジ オーシャン^^ 年に1度、毎年来たいなぁ。


「じゃぁ最後に、食べ終わった感想は?」と聞かれると、そりゃもちろん、
「うー まー いー ぞぉぉぉーー!!!」(口からビーム発射)ですよw
では、おあとがよろしいようでw(^ ^;А

 
posted by: uicha | イタリアン・フレンチ | 03:25 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
うわ〜、メッチャ美味しそうですねぇ♪
私もお金さえあれば食べたいです(切実)学生の身分じゃ沿うそう食べられませんけどね〜♪
それにしても、ういちゃ♪さんの写真はホントによく撮れてますよね。すごく美味しそうに見えるし、綺麗に撮れてて食欲が湧いてきます☆
また来るのが楽しみになりますよ(≧∇≦)
| 砂肝 | 2004/12/18 10:35 AM |
砂肝さん

コメントありがとうございます^^お値段の面でホイホイ行けるお店ではないですよねぇ。働くひとにとって、自分に対するゴホウビのお店なんでしょうね。

写真の撮り方は、日々勉強ですよ〜。デジタル一眼を使い始めて、約1年。ピンボケしない程度にギリギリ近づいて、アップで撮る!というのがキホンですね。お店のひとには断りなく撮影してるので、一眼レフで撮ってる姿は、ヘンなお客さんに見えるだろうなぁ^^;

写真のキレイさも、テキストのオモシロさもクオリティアップ、していきますよ〜!
| ういちゃ♪ | 2004/12/19 8:50 AM |









この記事のトラックバックURL
http://blog.uicha.jp/trackback/296
トラックバック